日産自動車に乗り続けて40年が経ちました。車種としてもスカイラインが好きな時代、長かったのです。

日産の魅力いっぱいの車種
日産の魅力いっぱいの車種

車種を考えると日産自動車が良い

昭和の時代ですが、日産自動車がプリンス自動車と合併したのでした。
その時、プリンススカイラインが日産スカイラインに変わってしまい、ちょっとがっかりもした覚えがあるのです。
日本の車がやっと世間に認められつつある時で、その中でもスカイラインは、当時のスピード狂と言われる若者には、絶大な人気を誇っていたのです。
ですがこの日産と合併したことによって、スカイラインは益々進歩したのでした。
羊の皮を被った狼、この合言葉は若者の心を更につかんだものでした。
そんな時代から日産自動車のフアンでもありました。当時は、まだ高校生になったばかりくらいで、将来はスカイラインに乗ることだけが夢でもあったのです。

しかし、そんな簡単には手に入れることが出来ない時代です。
学生になり、アルバイトでお金を貯め、やっと買った車が中古のチェリーX1でした。
この時代にはまだ珍しいFF式の車で、新しい時代の先鞭をつけたのかも知れない車でした。
特にハッチバックと言うのも本当に斬新なスタイルだったと思うのですが、当時としては奇抜に思えたのかも知れません。

そんなチェリーから始まった私の車暦、一度はトヨタ車にも移ったのですが、すぐ日産車に戻って来たのです。
そこは中古のケンメリから始まりました。その後は、7thのスカイラインまで新車に乗り続け、その後はセフィーロ、そしてグロリアと続きました。今は、ムラーノに乗っています。
車種としては、日産から離れられないのです。

Copyright (C)2017日産の魅力いっぱいの車種.All rights reserved.